FC2ブログ
08≪ 2019/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-10-15 (Fri)
いかに好感を持たれるか~?
いかに良い印象を持たれるか?
お見合いのお相手?いいえ、その前に・・・。

お見合いをアレンジするアドバイザーに・・・です。
おべっかを使ったり、何かを上げて気を引いたりすることでは
ありません。

積極的にコミュニケーションを取り、ご自分の良い所をアピールすることです。
お金を払ったから、何でもしてもらえる所ではありません。
ご自分で出会いたい方を、積極的に探す場なのです。

いつもにこやかに、お話が出来ていたら、お相手の相談所の方への売り込み方が
大きく違います。にこやかな笑顔がいつも頭に有りますから、うちの男性に
良い方いらっしゃいませんか?とお尋ねが有ったら、やっぱり笑顔の女性を
幸子さん(仮名)ってこんなに素敵な方が居ますよと、一瞬のうちに名前が
出てきます。

ある、男性の事です。

私が、彼に対して大きな失敗(これは仕事上ではなく)をして、随分謝りました。
彼はとても怒ってと言うより、悲しい思いをさせてしまって、なかなか、私への不信感が
拭いきれませんでした。私もどうしようもなく胸を痛めていました。

まだ怒ってますかと聞いたら、そんなこと何度も聞くところが嫌なんですと
怒られるし、彼と私はもうずっと、仲良くなれないのかな~と心配して
いました。

ですが、彼は良く電話をくれました。
メールで済む内容でも、明るく元気な声で電話をくれました。
話をするたびに、彼と私と間の距離感がちじまり、今ではとても仲良しになりました。

他の相談所と雑談をしている最中でも、彼にしてしまった失敗談なども出てきて
お申し込みをしても「あ~彼ですね~」と、覚えがめでたくなりました。

何かしら強烈な印象も、こうして役に立つことも有るのです。

本当は、入って下さった方と1対1なら良いのですけど、経営上そうもいきませんので
ごめんなさい。



| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-07-03 (Sat)
お結納

6月の終わりに原田男性家(仮名)山城女性家(仮名)のお結納の儀が終わりました。

20代の山城さんと30才になったばかりの原田さん、若いお二人が古式に乗っ取って

恭しくお結納を済ませました。私たちの結婚は二人だけの問題では無いと

山城さんはご入会当初からおっしゃっていました。親の気持ちを汲んで

親の望んでいる結婚式をして、これを最後の親孝行にしたいです・・・と。

その女性を理解して下さる男性が現れるものです。

有名大学を出た青年は、おっとりとした優しい男性。

2人とも、初めてのお見合いで恋に落ちました。

趣味が一緒と言うこともありましたが、出会うべくして出会った二人と

思えました。

両家のお顔合わせは、お父様同士がとても仲良くなり、和やかで

楽しいお顔合わせとなりました。

秋の結婚式では、白無垢の花嫁と、紋付袴のお婿さんが・・・。

どこまでも日本情緒を好まれるお二人です。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-09 (Sun)
会員さんの”母の日”のエピソードは今までにも、いっぱい書かせていただきましたが
今日は、アドバイザー南のり子の”母の日”自慢読んでくださいね~。

8日(土曜日)仕事をしていた私に嫁からのメール。

急ですけど、今夜の予定がなかったらご飯を食べに行きましょう!
会社の近くに行きます。
今日は、何がお口に合いそうですか?

嬉しい!
何でも食べられそうだけど、ユッケジャンのようなスープが飲みたいわ。
・・・と返信。

予約しました!19時に西口でね~。

このところ、体調不良で余り栄養価の高いものを食べて居なかったので、焼肉屋さんでの
食事おおいに期待しました。

連れて行ってくれたところは、2週間ほど前に混で居て入れなかったお店。

20100508豈阪・譌・+008_convert_20100509152124

息子は昼寝していたら起こされて”さ~これからお母さんとご飯食べるから”と
ここまで連れて来られたんだよ~とぼやいている。

前菜から始まって上質なお肉のあれこれ。
お肉の説明を受けながら、口の中で溶けていく感じのお肉に感激。
たまたま、韓国ドラマの“食客”を見終わったばかりだったので、食通になった気分。

この日の、母の日の食事が事の他、嬉しかったのは、嫁がセッティングしてくれた事と
仕事の事で悩んでいた息子を静かに見守り、時には励ましていてくれていた嫁が居てくれたこと。
問題も解決もして、楽しい気分で食事ができたこと。

今はこうして穏やかになりましたけど“悩んでいた時は別人のようでしたよ”
と涙ぐんだ嫁に心から、ありがとうね~と言いました。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-30 (Fri)
9年前に結婚をしたYさんから電話が入りました。

その頃、40代後半だったYさんは、同じ年の美人のお嫁さんに見込まれて

結婚をしました。

研究職と言う職場の中では女性には無縁なところでしたから

女性と話すことの前に、顔を見ることさえできないと、入会の時に

困った顔をして話してくださいました。ホントに困ったような顔なんです。

太い眉が八の時ですから、いつも困った顔に見えました。

そのお顔は優しくて温かで、きっとお嫁さんを泣かすようなことのない

信頼できるご性格と思いました。

少し太り気味、年収が年齢の割には少ない、でも、ご自分のお家が有り

しっかりした会社ですから将来的な心配は無い。

プロファイルデータだけでは、彼の魅力は伝わらない。

Yさんの為に食事会をしよう、そう思って、美人の再婚の女性をお誘いして

ご飯を食べに行きました。

トツトツと仕事の事を話す彼を、少しじれったそうに、彼女は見て居ましたから

お返事はNO,かなと思っていましたら、OKのお返事をその日のうちに下さいました。

この人なら、信頼できそうと思われたそうです。

お付き合いひと月経った頃「私は、結婚したいと思っているのに、彼は結婚の話をしないんです」

もう、大慌てでYさんのお気持ちをお聞きして、2人は晴れて婚約者になりました。

あらあらと言う間に結婚をして、9年間全く連絡が無かったお二人。

結婚記念日に、今が有るのは、JMSで出会えたからだよね~と言う話になって

思いついて電話を下さったと言うことでした。

で、お約束の日に彼女は風邪で来られなかったですけど、Yさんと二人で

ご飯を食べました。

美味しいとんかつでした。

Yさんは、白髪になり貫禄が付いて、とても素敵でした。

私を随分気遣って下さったから、9年の歳月が私の方には刻まれて居たのでしょうか?

来月、今度は奥様と3人で食事の約束が出来ています。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-23 (Fri)
暫くご無沙汰していた友人から、ご飯を食べましょうと、連絡を頂いた。

10年ぶりくらい前の仕事のお仲間ですから、10年のブランクが有っても

一足飛びに10年前の友人関係に戻れます。

語ることは、仕事の言ばかり。

そう言えば、プライベートではお付き合いをしていなかったから

仕事の話しか出ないわけだ。

お互いに年はとったものの、結婚に対する情熱だけはちっとも変わらない。

彼女も、やはり現役で、他の所で仕事をしているから3時間と言う長い時間

話は尽きない。

お互いに、この仕事をしていて、成長させてもらえたわね~と言い合う。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |